Sentpura blog

よもぎ蒸しと妊活

5A1AD8F7-CE42-45ED-97CA-8739C4A380D3

温活メニューNo. 1 よもぎ蒸し

こんにちは。刈谷市のエステサロン セントピュアです。

今年の冬はこちら(愛知県刈谷市)では、何度も雪が降り、今までに無く寒い冬を体験しています。

寒い冬は温活!

セントピュア自慢の温活メニューは二つ

・ハーバルスチーム(よもぎ蒸し)
・光線セラピー(日焼けしない太陽光療法)

今日は、1番人気(二つ中です😅)のよもぎ蒸しについて、良くあるお問合せについて、考えて行きます。

デトックスや体質改善の効果が期待されるよもぎ蒸し。
ハーブの女王と呼ばれるよもぎの成分がたっぷり含まれた蒸気を、膣や子宮に届け、生理痛、更年期、アトピーなど、さまざまな症状を緩和します。

妊活中のお客様が体質改善の為に通ってくださることもあります。

妊活中のお客様からのお問い合わせ

①高温期に温めると着床しにくい?
②卵子・精子・受精卵は熱に弱いのでは?

①排卵後に高温期がやってくる理由。
理想的な着床とは、卵巣付近で受精した受精卵が、温められ通りの良くなった卵管をするすると通り、受精卵が温かく柔らかいベッド(子宮)にたどり着くこと。

着床には温度、血液、酸素が不可欠です。冷えて弾力を持たない卵管は、受精卵の行く手を塞ぎかねません。ベッドも当然温めた方が良いのです。

着床しにくい原因の例としては、高温期の体温が常に37℃を超える方。低温期・高温期の温度差が0.5℃以上の方などがあるようです。

②卵子・精子・受精卵は熱には弱いですが、受精卵の培養実験では、36.5℃よりも37℃の方が適していると発表されました。

37℃。人体では微熱になってしまいますね。

よもぎ蒸しの蒸気が、膣を通り子宮に辿り着くまでに、何度になっているのか、正直分かりませんが、膣も表皮も火傷する程の温度では無く、入り方も、熱ければ火力を落としたり、座り方を工夫して、温度調整はご自身でも行って頂けます。

ですが、一つ注意が必要なことがあります。

セントピュアでは、無農薬、保存料無添加のよもぎ100%を使用します。

よもぎの成分に、子宮を収縮する作用がありますので、着床後のよもぎ蒸しには注意が必要かもしれません。

かかりつけの産婦人科にご相談なさったり、判断はご自身でお願いします。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ🍀

#温活 #よもぎ蒸し #黄土よもぎ蒸し #ハーバルスチーム #ハーブの女王 #セントピュア #刈谷市エステ #刈谷市よもぎ蒸し #美肌専門店